https://twitter.com/TSUTAYA_ura

裏TSUTAYA店員さんのしゃべり場

お仕事中のエピソードやオススメの映画、音楽を発信します。裏なので毒も吐きます。https://twitter.com/TSUTAYA_uraこちらのTwitterもフォローお願い致します。

【ラウドロック×アイドル】Pass Codeとは何ぞ?

こんばんにちわ( •̀ᴗ•́ )

まずはこれを観てください。

https://youtu.be/s0s7gLId4ac

 

…超かっこよくないですか?(笑)

 

この子たち、Pass Code(パスコード)というアイドルグループらしいのですが、私は今日初めて存在を知り衝撃を受け今この記事を書いています…。

 

Pass Code

f:id:TSUTAYA_ura:20170830221153j:image

 

調べたところによるとラウドロックアイドルとの事。

ラウドロックとEDMを中心に音を作っているそうですが、シャウトすごいですよね(笑)

女の子のわりにはとても上手い。わりにという言い方は語弊があるかもですが、これはかなり新しいアイドルかと。

 

Wikipediaから概要を引用させて頂きますと、

 

概要 

楽曲プロデューサーである平地孝次が手掛けるラウドロックやEDMなど様々なジャンルの融合体である楽曲と、メンバーの今田夢菜のシャウト・スクリーモが特徴的なグループである。
楽曲の方向性としては、バンドサウンドをベースとし、一曲を通して時にはポップやロック、時にはシャウトなどを多様したラウドな一面など、さまざまな変化をつけた先の読めない展開の楽曲を武器としている。
ライブパフォーマンスでは単に歌って踊るのではなくライブを通して一つのエンターテイメントとし、いかに盛り上げ楽しませるかということを重視。
PassCodeのファンのことをハッカーと呼ぶ。

 

「ライブパフォーマンスでは単に歌って踊るのではなくライブを通して一つのエンターテイメントとし、いかに盛り上げ楽しませるかということを重視。」

素晴らしいじゃないですか!!

バンドやアイドルに限らず音源だけでなくライブで楽しませる姿勢はとても好みですよ(´ω`)

 

ただ歌って演奏して音源通りの曲の発表会のようなライブだったらDVDで充分ですからね!

リアルで一体となれるのがライブの醍醐味です。

 

さて、そんなPass Code

メンバーはどんな子?ということでご紹介します。

 

f:id:TSUTAYA_ura:20170830222225j:image

南菜生(みなみなお)

 

f:id:TSUTAYA_ura:20170830222346j:image

高嶋楓(たかしまかえで)

 

f:id:TSUTAYA_ura:20170830222534j:image

今田夢菜(いまだゆな)

 

f:id:TSUTAYA_ura:20170830222835j:image

 大上陽奈子(おおがみひなこ)

 

現在はこの4人で活動してる様です( •̀ᴗ•́ )

 

ラウドロック×アイドル

これだけでも新しいジャンルですよね

AK〇48や欅〇や乃〇坂のようなグループが他のグループの楽曲歌っても誰も気付かないでしょうけど、このPass Codeのラウドロック×アイドルやBABYMETALのメタル×アイドルのような「ただのアイドルじゃない」形や個性は次世代のアイドルと言っても過言ではないのでは?

あくまで個人の意見ですけどね!

 

ここでPass CodeのカッコよすぎなMVなどを紹介

 

ONE STEP BEYOND

https://youtu.be/AB-Ag3Y8Uo4

 

bite the bullet

https://youtu.be/Yq_H9B8CxCQ

 

MISS UNLIMITED 

https://youtu.be/X48UZ4j9N04

 

まだまだありますが、

私もさっき存在を知ったばかりなのであまり多くは語れません(笑)

ただただ感動を伝えたくて記事にしちゃいました。

2013年からインディーズで活動し今年2017年の8月にメジャーデビューしたばかりですが、楽曲やライブの完成度は高いのでオススメですよ!

気になる方は聴いてみてください(o^^o)

訂正点やご指摘もコメントでお気遣いなくお願いしますね!

 

そしてよろしければ、下記の他記事も読んでみてくださいねー。

 

 

 

 

 

【本気を出した悪ふざけ!?】東京ゲゲゲイとは何ぞ??

お題「マイブーム」

 

 

祝☆300アクセス!

この記事が東京ゲゲゲイのゆうゆさんにRTして頂いたおかげで、300アクセス超えました!

Twitterから来てくださった方々、よろしければフォローもお願いしますm(*_ _)m 

 

 

こんばんにちわ!( •̀ᴗ•́ )

 

今日YouTubeを漁っているとオススメである動画が上がってたのですが…

 

ゲゲゲの鬼太郎 /  東京ゲゲゲイ

 

ん?誰かカバーしたのか?

タイトルとスタイリッシュなサムネに釣られポチッ

 

それがこちら

https://youtu.be/z8rly_GCRoA

 

なんやこの人ら…カッコよすぎる…!

キレッキレのダンスとアレンジされた馴染みのある曲にハマった私は早速この「東京ゲゲゲイ」とやらを調べてみることに…

 

 

【東京ゲゲゲイ】

f:id:TSUTAYA_ura:20170829193704j:image

MIKEYを中心とするダンスパフォーマンス集団。

 

メンバーは

f:id:TSUTAYA_ura:20170829214228j:image

MIKEY

(マイキー、本名:牧宗孝、1983年3月26日 - )

振付、バックダンスを務めたアーティスト

MISIA
加藤ミリヤ
クリスタルケイ

BoA

 

f:id:TSUTAYA_ura:20170829214332j:image

BOW

(ボウ、本名:堀江由香里、1988年11月1日 - )

現在は加藤ミリヤの専属ダンスコーチをしている。

 

 

f:id:TSUTAYA_ura:20170829214742j:image
MARIE

(マリエ、本名:水木麻理絵、1990年7月24日 - )

 

f:id:TSUTAYA_ura:20170829215001j:image
Miku

(ミク、本名:岡田美紅、1997年5月20日 - )

 f:id:TSUTAYA_ura:20170829215216j:image

YUYU

(ゆうゆ、本名:田村侑弓、1996年10月31日 - )

MV出演
サカモト教授「僕らの世界にダンスを」
ソナーポケット「GIRIGIRI」
赤西仁「Mi Amor」
OKAMOTO'S「Dance With You」
KANA-BOON「talking」
シナリオアート「ナナヒツジ」

クリープハイプ「鬼」

 

 

こちらの方々が東京ゲゲゲイの皆さんです。

グループ名の時点で個性的ですが個々のルックスも独特ですよね(笑)

わりとこういった世界観が確立している雰囲気は好きです。

経歴なども調べてみると、各自いろんなアーティストのバックダンサーや映像作品、舞台に参加しているようです。

まさにプロが集まった集団って感じで、そりゃパフォーマンスのクオリティも高いわけだわって思いました。

 

そんな「東京ゲゲゲイ」からいくつか動画をご紹介します。

 

さよならダーリン

https://youtu.be/iRa1LmcOomk

 

葬儀

https://youtu.be/Mt2w4oTyBS4

 

イデオロギー

https://youtu.be/EAdImFE26aQ

 

ズットスキナヒト

https://youtu.be/2w9LYXvCGtU

 

日本ゲゲゲイ連合

https://youtu.be/YI8T6u1J6Jw

こちらの作品は日本エレキテル連合とのコラボも実現しています(笑)

 

 

神様

https://youtu.be/Cz-8LVXhT6E

こちらはゆうゆさんのソロ作品

独特な世界で切なさすら感じるものがあります。

そして個々のレベルの高さ、映像作品としてのクオリティの高さ、何をとっても素晴らしいPVです。

 

https://youtu.be/ztW49IjkcwM

こちらもゆうゆさんの作品

 

 

さて、いかがでしたか?

2013年にデビューしたばかりのアーティストでまだまだ知名度は高くありませんが、これを読んだのをきっかけに興味を持って頂ければ嬉しいです。

私も大ファンです!とまではなりませんが、今のところマイブームとしてハマってます(*´ω`*)

 

仕事上、映画や音楽などのメディア情報に敏感でいないといけませんので、この「東京ゲゲゲイ」が近いうちにブレイクするであろうと見越して記事として押さえておきました(笑)

 

よかったら下記の他記事もごらんあれ!

 

 

 

ワンダーウーマンって誰!?

おはこんばんにちわ!( •̀ᴗ•́ )

 

今日はワンダーウーマンのお話し!

 

YouTubeの広告やTVCMでチラホラ見かける謎の戦う美女「ワンダーウーマン

 

元はアメコミのヒロインでDCコミックスの作品です。

DCコミックスというのは、マーベルのアベンジャーズ

DCコミックスのバッドマン

 

と言ったほどの有名な会社

 

ちなみにスーパーマンスーサイド・スクワッドなどもDCの作品です。

 

その、DCから実写映画として出てきたのがこのワンダーウーマンです。

f:id:TSUTAYA_ura:20170825222704j:image

美しすぎる(笑)

 

外界から隔離され、女性のアマゾン族しかいないパラダイス島で戦士として育った王女ダイアナが、外の世界を知り、人々の争いを止めるため人間界でワンダーウーマンとなって悪と戦うという話し。

 

同じDCヒーローでバッドマンがいますが、あれは金持ちの屈強なオッサンが街を守る渋いヒーローですがワンダーウーマンは違います。

 

強すぎカッコよすぎに尽きる。

バッドマンvsスーパーマンにもゲスト出演してましたね!

ジャスティスリーグにも繋がる単独映画です。

 

主人公が女性ということもあり、強く生きる女性像にカップルで鑑賞しても彼女さんが退屈することもないでしょう(*`・ω・´)

 

主演はガル・ガドット

f:id:TSUTAYA_ura:20170825223713j:image

美人すぎる…(笑)

 

イスラエル出身の女優さん

有名な作品では、ワイルドスピードシリーズのジゼル役の方です。

 

私はワイスピに興味がないのでジゼルがわかりませんが、ピンときた人もいるはず!

 

ここで予告編を紹介

https://youtu.be/RqrRQG8VS7k

 

そして個人的に笑ってしまうこのシーン

https://youtu.be/j_vHCL3lX5U

バッドマンvsスーパーマンの最終決戦のシーンなのですが、敵に苦戦しピンチを迎えたバッドマンの前に突如現れるワンダーウーマン

当時無名の彼女が当たり前のように降臨し、いきなり戦い始めます(笑)

そして無敵に近いスーパーマンと対等に戦う敵と普通にやり合えるワンダーウーマン

それを何も出来ずに見てるだけのコスプレ金持ちゴリラ(笑)

当時は笑えましたが、今回の単独映画はワンダーウーマンことダイアナがどうやってワンダーウーマンとなりなぜ誰のために戦うのかちゃんと知れる話しになる事でしょう。

 

そしてDCコミックスアベンジャーズと言われるジャスティスリーグにも繋がります。

本家アベンジャーズよりも歴史が深いジャスティスリーグですが、出遅れた分アベンジャーズに追いつこうと必死です。

 

今後のDC作品と今回の「ワンダーウーマン」に期待を込めて、観てみてください。

女性も楽しめますよ!

 

私もまだ観てないので今回は短めで失礼します(笑)

観てから面白かったらまた書きますね!

 

 

 

【再掲・ネタバレ注意】スパイダーマン:ホームカミング

 


前回は私の感想とかで前振りが長くなってしまったので、チャッチャとネタバレ見たい方用にこちらをどうぞ( •̀ᴗ•́ )/

 f:id:TSUTAYA_ura:20170817210249j:image

 

 

ではではここからネタバレ注意!!

 

 

 

主な登場人物

スパイダーマン/ピーター・パーカー

高校生。特殊な蜘蛛に噛まれ能力が覚醒。

自家製スーツ「ホームメイドスーツ」を来てご近所でヒーロー活動をしていた。

 

リズ(ヒロイン)

学校一の美人

 

ネッド(親友)

ピーターの親友。パソコンに詳しい。

 

アイアンマン/トニー・スターク

アベンジャーズの一員。金持ち。天才。

ピーターにスパイダースーツを授ける。

 

バルチャー/エイドリアン・トゥームス(敵)

元・S.H.I.E.L.D.の技術者のため、飛行ユニットなどの開発が可能。劇中模写なし。

 

 

物語の始まりは8年前

アベンジャーズがチタウリ(ロキが連れてきたエイリアン)との戦闘を繰り広げた都市で、エイドリアン率いる業者が残骸の解体、回収をしていた。

市から受けた仕事として解体をしていたが、突如トニー・スタークの会社と政府の合同団体が現場を請け負うことになりエイドリアン達は追い出されてしまう。これによって「自分達で壊した街を自分達で直して儲けている。汚いやり方だ。」とスターク社を恨むことになる。

そして回収したチタウリの残骸を政府に返さず、これを利用しある事を目論む。

 

現在、シビルウォーのピーター視線で話が始まる。

トニーに呼ばれスーツをプレゼントされシビルウォーに参加する。それを自慢げにビデオで録画するピーター。

f:id:TSUTAYA_ura:20170817210724j:image

その後、ピーターは「アベンジャーズに入れるの!?」とトニーに迫るが「親愛なる隣人としてご近所を守ってくれ」と流される。

トニーの部下ハッピーの監視の下、認められるためにご近所活動を不器用ながらも懸命に続けるピーター。

ある晩、ATM強盗をする集団に出くわす。

f:id:TSUTAYA_ura:20170817210228j:image

強盗犯は現代科学を超越した強力な謎の武器を持っており、戦闘さながら街を壊してしまう。

その帰り、こっそりと自室に戻るピーター。

スーツを脱ぎ振り返ると親友のネッドがいた。

「メイおばさんが上がって待ってろって…」

親友に正体がバレてしまう。

 

学校で生徒達がアベンジャーズの話をしている。

その中にはリズの姿が。

スパイダーマンが好きだと話すリズに、ネッドが「スパイダーマンはピーターの友達だ」と余計なことを言ってしまう。彼なりの恋のキューピット的な行動で。

そこで生徒の1人、フラッシュが「じゃあ今度のリズのパーティにスパイダーマンを連れてこい」と言ってくる。

 

パーティ当日

スパイダーマンで登場する準備をしているピーター

すると遠くで何かの光が見える。

彼の正義の予感が働き、パーティを無視して光の方へ向かってしまったピーター

そこでは武器の取り引きが行われていた。

彼は強力で危険な武器が売買され出回っているのことを知る。

f:id:TSUTAYA_ura:20170817210328j:image

武器を売っていた男達の車を追うが、バルチャーに邪魔をされあと一歩で逃してしまう。その帰りに壊れた武器の光る欠片を拾う。

 

翌日、ネッドと共に欠片の解析をするとf:id:TSUTAYA_ura:20170817210659j:image

光る欠片が未知の武器のエネルギー源だと知る。

同時に、欠片から放つエネルギーを感知し昨晩の男達が学校内まで来てしまう。

f:id:TSUTAYA_ura:20170817210641j:image

無事に見つかることなくやり過ごし、しかも男の1人に発信機を付け、ピーターとネッドは男達の行方、武器の出処を突き止めようとする。

 

しかし、気付くと発信機は学生のピーターでは自力で行けない遠い土地で反応している。

考えた結果、学力コンテストに行くバスに乗れば近くまで行けると気付く。

 

コンテストに向かうバスの中、ハッピーから電話がくる。

「君がニューヨークから出たらランプが光るんだがどこに向かってるんだ?」

ハッピーは、ピーターが余計な事をしないように監視する義務がある。

ピーターは「学力コンテストに行くだけ」とあながち間違いではないウソをつき誤魔化す。

コンテスト前夜、敵の発信機に反応がありホテルを抜け出す。そこで貨物列車を襲うバルチャーと遭遇。

コンテナの中身はチタウリなどの残骸だった。

残骸を使って武器を作っているのはエイドリアン率いる組織であり、飛行ユニットを装着しバルチャーとして活動している張本人こそエイドリアンである。

この時のピーターはそれをまだ知らない。

 f:id:TSUTAYA_ura:20170817210404j:image

バルチャーからコンテナを守ることに成功したピーター。

しかしコンテナの中に閉じ込められてしまう。

 

コンテナが辿り着いた先は現在地不明の倉庫

学力コンテストに出ることを諦め朝まで倉庫が開くのを待つことに。

f:id:TSUTAYA_ura:20170817210440j:image

スーツに内蔵されたAIとスーツの機能について聞いたり、AIの名前をカレンと名付けたり、時間を潰していたが37分しか経ってないこと、光る欠片が爆発物だというのを知る。

 

朝まで待てずAIと共に倉庫のセキュリティをハッキングを繰り返しやっとの思いで脱出に成功する。

 

親友ネッドのカバンの中には爆発する光る欠片。

急いでみんなの元へ向かう。

 

ネッドやリズ達はピーター不在の学力コンテストに優勝し、現地を観光していた。

 

とある塔のエレベーターの中で欠片が爆発してしまう。

今にも崩れそうな塔とエレベーターに取り残された友人達

ピーターは間一髪で間に合い、救出に成功する。

f:id:TSUTAYA_ura:20170817210514j:image

この事件はニュースにもなり、広く世間にスパイダーマンを認知させることとなる。

 

その後、ピーターはカレンと共に今までの事件を振り返り、ひとりの男を突き止める。

その男から次の武器の取り引き場所と時間を聞き出すことに成功する。

 

そこは海上。

大きな旅客船の中だった。

取り引きの阻止を試みるがバルチャーと3度目の遭遇、戦闘。

バルチャーから武器を取り上げるが武器が暴走。

 

「取り返しのつかないことをした」と捨てセリフを吐き去るバルチャー。

武器から放つ何本ものレーザーが旅客船を貫く。

遂に旅客船は半分に割れてしまう。

f:id:TSUTAYA_ura:20170817210605j:image

蜘蛛の糸で一度は補強に成功するが、補強が甘い部分があり糸が千切れていく。

自らの力で糸を支えていると外側から何らかの力で旅客船が押し返されていく。

 f:id:TSUTAYA_ura:20170817210814j:image

アイアンマンが助けに来たのだ。

難なくアイアンマンの力で瞬く間に元通りに補強されていく旅客船

 

トニーは言った。

「もっとやれると思ったのに失望した。スーツを返せ」と。

「スーツがなきゃ助けられない」

言い返すピーター

「スーツがないと出来ない奴にスーツを着る資格はない」

ピーターはスパイダースーツを失った。

 

ヒーロー活動を諦め平凡な日常を過ごすピーター

リズに自分の気持ちを話し、ホームカミング(パーティのようなもの)のパートナーになってくれることに。

ホームカミング当日、リズの家に迎えに行くと玄関から出てきたのはエイドリアンだった。

そう、バルチャーであるエイドリアンの正体はリズの父であった。

 

ホームカミングに到着し、リズを先に車から降ろすエイドリアン

ピーターは脅される。

 

そしてエイドリアンは次の計画を実行しに行く

それはスタークタワーからアベンジャーズ本部に荷物を移送する飛行機の襲撃。

 

ピーターはリズに「行かなきゃ」と言い残し後を追う。

 f:id:TSUTAYA_ura:20170817210837j:image

エイドリアンを見つけ戦闘が始まる。

空を飛ぶ飛行機にしがみつきながらエイドリアン/バルチャーと戦うスーツを失ったピーター。

飛行機が墜落しても決着はつかない。

スーツのないピーターは手も足も出ない。

 f:id:TSUTAYA_ura:20170817210852j:image

バルチャーは目的の物資を見つけ、ボロボロのピーターを無視して物資を持ち去ろうとする。

その姿を後ろからただ見ることしか出来ないピーター。

しかしバルチャーの飛行ユニットが火花を飛ばし爆発寸前だと気付く。

飛んだら爆発する。

最後の力を振り絞りバルチャ/エイドリアンの命を救おうと糸を飛ばすが気付かれ切られてしまう。

「救おうとしただけなのに!」

飛行ユニットは爆発し墜ちるエイドリアン。

一命を取り留め逮捕されることとなる。

 

事件後、リズが学校を去ることを知る。

もちろん父親の件で。

 

悲しみの最中、ハッピーから連絡がくる。

「ボスが呼んでいる」

 

アベンジャーズ本部に招かれるピーター

トニーはピーターを新しいアベンジャーズとして紹介する会見をしたいとのこと。

そこには最新のスパイダースーツ。

 

しかしピーターは「まだ親愛なる隣人でいる」とそれを断ることに。

自宅に帰ると自室には小包が置いてあった。

「これは君のものだ。 TS」

 

小包を開けるとスパイダースーツが入っていた。

ピーターの元へスーツが戻り、喜びのあまりそれを着る。

後ろにはメイおばさんが……

「ピーター!!それはなn…!!」

 

ここでエンドロール(笑)

 

エンドロール後のカットはエイドリアンのその後のシーン

スタッフロール後のカットは、突如キャプテン・アメリカが現れ「待ちくたびれたろう?」と皮肉なジョーク(笑)

 

そして最後に文字だけで

スパイダーマンは帰ってくる」

 

こんな内容でした!

面白かったー!書くの疲れたー!!

映像で見たい方は是非映画館へ( •̀ᴗ•́ )/

 

DVDを待ちます!って方は、たぶん12月頃ですよ!

 

 

 

 

 

 

 

【ネタバレ注意】スパイダーマン:ホームカミング 観てきた!!

おかえりスパイディ!

これぞスパイダーマン!(ノ*°▽°)ノ

 

おはこんばんにちわ!

TSUTAYA店員こと、私です。

 

本日8/11は「スパイダーマン:ホームカミング」公開日!!

早速観てきましたよぉぉぉ!

f:id:TSUTAYA_ura:20170811185200j:image

 

感想から言うと、最高!の一言!

他のアベンジャーズヒーローと比べてスパイダーマンの戦闘シーンの良さって、人命を優先しながら敵を対処するハラハラドキドキ感だと思うのですが、今作もきっちり守って戦ってしっかりと「親愛なる隣人」活動してましたよ(笑)

今回のスパイディは原作に近いキャラクター設定ですので若くてお調子者。

それも相まって心の中で「がんばれー!」って応援したくなってしまう良い感じのスパイダーマンでしたね!

 

さて、感想はさておき

皆さんが知りたいのは今までのスパイダーマンとどこが違うのか?ってところですよね?

 

過去作では

サム・ライミ版「スパイダーマン」 3作

アメイジングスパイダーマン」 2作

と公開されましたが、どちらも別の世界観でよく理解出来てない方も多いはず。

 

安心してください。

今作「ホームカミング」も別世界です(笑)

 

逆に言えば過去のスパイダーマンを知らなくてもスパイダーマンとしては楽しめます。

 

しかし観て思ったのが、キャプテン・アメリカ シビルウォーまでのアベンジャーズシリーズを観ていないとついていけないシーンもチラホラ。

 

そうなんです。

今回はアベンジャーズなんです。

とは言え本来原作コミックでもアベンジャーズの一員でしたし、これが正しい世界観なんです。

では今までのスパイダーマンは何だったのかと。

簡単に言うと、サム・ライミ版の制作時にSONYピクチャーズがスパイダーマン作るで!MARVELさん権利くれや!

といった感じでアメイジングスパイダーマン2までSONYピクチャーズがスパイダーマン映画の制作権を握っていました。

その権利がMARVELに戻り今に至るわけです。

なぜ戻ったはアメイジングであまり収益を得なかったからだと言われています。

なにはともあれそういった意味でも「ホームカミング」だと思います。

 

世界観はアベンジャーズシリーズ、じゃあ他に何が変わったの?

気になってる方いますよね?笑

 

では過去作からホームカミングまでの3人のスパイダーマン

何が違うのか、比べてみましょう。

 

サム・ライミ版「スパイダーマン

・能力

特殊な蜘蛛に噛まれたことにより、運動神経・筋力の上昇。

スパイダーセンス(超感覚)。

腕から蜘蛛の糸発射。

 

アメイジングスパイダーマン

・能力

特殊な蜘蛛に噛まれたことにより(以下略)。

スパイダーセンス。

科学の知識により、強靭な糸を作りだすウェブシューターを装着。

 

●ホームカミング

・能力

(おそらく特殊な)蜘蛛に噛まれたことにより(以下略)。

スパイダーセンス

トニー・スタークが開発した様々な機能を搭載したスパイダースーツ装備。

 

大まかな能力に変わりはありませんが、今作はアイアンマンこと、天才発明家トニー・スタークがスーツを作ってあげています。

なぜアイアンマンと関わりを持ったかはシビルウォーを観ていないとわかりません(笑)

スパイダーマンになった経緯も、会話の中で「蜘蛛に噛まれて~」とは言いますが劇中に模写はなく、主人公ピーター・パーカー=スパイダーマンというのを観てる側が理解しているのを前提としています。

全くスパイダーマンがわからない人はついていけないかも知れませんが、もはや世界的ヒーローなので余計なシーンを入れなかったのかも知れません。その分、120分のあいだ彼のスパイダーマンとしての活躍で溢れています。

 

トニーが作ったスパイダースーツも様々な機能を備えています。

ウェブシューターは数百パターンあるモード切替。

視界のカメラで写った人物の顔を認証しFBIのデータベース から人物を特定。

赤外線モード。

胸の蜘蛛のマークが小型スパイダードローン。

空中滑空用の小型翼。

アイアンマンスーツのようなAIによるナビ。

瞬殺モード。

乾燥モード。

他にも劇中に出ていないモードがあるかと思われます。

 

スーツの能力が段違いですよね(笑)

特にAIのおかげで単独行動をしているシーンもやり取りや会話が面白いです。

過去作はただのクモタイツ男でしたからね(笑)

 

 

 

ではではここからネタバレ注意!!

物語の内容に触れていきますよ!!

 

 

 

主な登場人物

スパイダーマン/ピーター・パーカー

リズ(ヒロイン)

ネッド(親友)

アイアンマン/トニー・スターク

バルチャー/エイドリアン・トゥームス(敵)

 

あ、こいつがバルチャーです

f:id:TSUTAYA_ura:20170811193053j:image

 

物語の始まりは8年前

アベンジャーズがチタウリ(ロキが連れてきたエイリアン)との戦闘を繰り広げた都市で、エイドリアン率いる業者が残骸の解体、回収をしていた。

市から受けた仕事として解体をしていたが、突如トニー・スタークの会社と政府の合同団体が現場を請け負うことになりエイドリアン達は追い出されてしまう。これによって「自分達で壊した街を自分達で直して儲けている。汚いやり方だ。」とスターク社を恨むことになる。

そして回収したチタウリの残骸を政府に返さず、これを利用しある事を目論む。

 

現在、シビルウォーのピーター視線で話が始まる。

トニーに呼ばれスーツをプレゼントされシビルウォーに参加する。それを自慢げにビデオで録画するピーター。

その後、ピーターは「アベンジャーズに入れるの!?」とトニーに迫るが「親愛なる隣人としてご近所を守ってくれ」と流される。

トニーの部下ハッピーの監視の下、認められるためにご近所活動を不器用ながらも懸命に続けるピーター。

ある晩、ATM強盗をする集団に出くわす。

強盗犯は現代科学を超越した強力な謎の武器を持っており、戦闘さながら街を壊してしまう。

その帰り、こっそりと自室に戻るピーター。

スーツを脱ぎ振り返ると親友のネッドがいた。

「メイおばさんが上がって待ってろって…」

親友に正体がバレてしまう。

 

学校で生徒達がアベンジャーズの話をしている。

その中にはリズの姿が。

スパイダーマンが好きだと話すリズに、ネッドが「スパイダーマンはピーターの友達だ」と余計なことを言ってしまう。彼なりの恋のキューピット的な行動で。

そこで生徒の1人、フラッシュが「じゃあ今度のリズのパーティにスパイダーマンを連れてこい」と言ってくる。

 

パーティ当日

スパイダーマンで登場する準備をしているピーター

すると遠くで何かの光が見える。

彼の正義の予感が働き、パーティを無視して光の方へ向かってしまったピーター

そこでは武器の取り引きが行われていた。

彼は強力で危険な武器が売買され出回っているのことを知る。

武器を売っていた男達の車を追うが、バルチャーに邪魔をされあと一歩で逃してしまう。その帰りに壊れた武器の光る欠片を拾う。

翌日、ネッドと共に欠片の解析をすると光る欠片が未知の武器のエネルギー源だと知る。

同時に、欠片から放つエネルギーを感知し昨晩の男達が学校内まで来てしまう。

無事に見つかることなくやり過ごし、しかも男の1人に発信機を付け、ピーターとネッドは男達の行方、武器の出処を突き止めようとする。

 

しかし、気付くと発信機は学生のピーターでは自力で行けない遠い土地で反応している。

考えた結果、学力コンテストに行くバスに乗れば近くまで行けると気付く。

 

コンテストに向かうバスの中、ハッピーから電話がくる。

「君がニューヨークから出たらランプが光るんだがどこに向かってるんだ?」

ハッピーは、ピーターが余計な事をしないように監視する義務がある。

ピーターは「学力コンテストに行くだけ」とあながち間違いではないウソをつき誤魔化す。

コンテスト前夜、敵の発信機に反応がありホテルを抜け出す。そこで貨物列車を襲うバルチャーと遭遇。

コンテナの中身はチタウリなどの残骸だった。

残骸を使って武器を作っているのはエイドリアン率いる組織であり、飛行ユニットを装着しバルチャーとして活動している張本人こそエイドリアンである。

この時のピーターはそれをまだ知らない。

 

バルチャーからコンテナを守ることに成功したピーター。

しかしコンテナの中に閉じ込められてしまう。

 

コンテナが辿り着いた先は現在地不明の倉庫

学力コンテストに出ることを諦め朝まで倉庫が開くのを待つことに。

スーツに内蔵されたAIとスーツの機能について聞いたり、AIの名前をカレンと名付けたり、時間を潰していたが37分しか経ってないこと、光る欠片が爆発物だというのを知る。

 

朝まで待てずAIと共に倉庫のセキュリティをハッキングを繰り返しやっとの思いで脱出に成功する。

 

親友ネッドのカバンの中には爆発する光る欠片。

急いでみんなの元へ向かう。

 

ネッドやリズ達はピーター不在の学力コンテストに優勝し、現地を観光していた。

 

とある塔のエレベーターの中で欠片が爆発してしまう。

今にも崩れそうな塔とエレベーターに取り残された友人達

ピーターは間一髪で間に合い、救出に成功する。

この事件はニュースにもなり、広く世間にスパイダーマンを認知させることとなる。

 

その後、ピーターはカレンと共に今までの事件を振り返り、ひとりの男を突き止める。

その男から次の武器の取り引き場所と時間を聞き出すことに成功する。

 

そこは海上。

大きな旅客船の中だった。

取り引きの阻止を試みるがバルチャーと3度目の遭遇、戦闘。

バルチャーから武器を取り上げるが武器が暴走。

「取り返しのつかないことをした」と捨てセリフを吐き去るバルチャー。

武器から放つ何本ものレーザーが旅客船を貫く。

遂に旅客船は半分に割れてしまう。

蜘蛛の糸で一度は補強に成功するが、補強が甘い部分があり糸が千切れていく。

自らの力で糸を支えていると外側から何らかの力で旅客船が押し返されていく。

 

アイアンマンが助けに来たのだ。

難なくアイアンマンの力で瞬く間に元通りに補強されていく旅客船

 

トニーは言った。

「もっとやれると思ったのに失望した。スーツを返せ」と。

「スーツがなきゃ助けられない」

言い返すピーター

「スーツがないと出来ない奴にスーツを着る資格はない」

ピーターはスパイダースーツを失った。

 

ヒーロー活動を諦め平凡な日常を過ごすピーター

リズに自分の気持ちを話し、ホームカミング(パーティのようなもの)のパートナーになってくれることに。

ホームカミング当日、リズの家に迎えに行くと玄関から出てきたのはエイドリアンだった。

そう、バルチャーであるエイドリアンの正体はリズの父であった。

 

ホームカミングに到着し、リズを先に車から降ろすエイドリアン

ピーターは脅される。

 

そしてエイドリアンは次の計画を実行しに行く

それはスタークタワーからアベンジャーズ本部に荷物を移送する飛行機の襲撃。

 

ピーターはリズに「行かなきゃ」と言い残し後を追う。

 

エイドリアンを見つけ戦闘が始まる。

空を飛ぶ飛行機にしがみつきながらエイドリアン/バルチャーと戦うスーツを失ったピーター。

飛行機が墜落しても決着はつかない。

スーツのないピーターは手も足も出ない。

f:id:TSUTAYA_ura:20170811204616j:image

バルチャーは目的の物資を見つけ、ボロボロのピーターを無視して物資を持ち去ろうとする。

その姿を後ろからただ見ることしか出来ないピーター。

しかしバルチャーの飛行ユニットが火花を飛ばし爆発寸前だと気付く。

飛んだら爆発する。

最後の力を振り絞りバルチャ/エイドリアンの命を救おうと糸を飛ばすが気付かれ切られてしまう。

「救おうとしただけなのに!」

飛行ユニットは爆発し墜ちるエイドリアン。

一命を取り留め逮捕されることとなる。

 

事件後、リズが学校を去ることを知る。

もちろん父親の件で。

 

悲しみの最中、ハッピーから連絡がくる。

「ボスが呼んでいる」

 

アベンジャーズ本部に招かれるピーター

トニーはピーターを新しいアベンジャーズとして紹介する会見をしたいとのこと。

そこには最新のスパイダースーツ。

 

しかしピーターは「まだ親愛なる隣人でいる」とそれを断ることに。

自宅に帰ると自室には小包が置いてあった。

「これは君のものだ。  TS」

 

小包を開けるとスパイダースーツが入っていた。

ピーターの元へスーツが戻り、喜びのあまりそれを着る。

後ろにはメイおばさんが……

「ピーター!!それはなn…!!」

 

ここでエンドロール(笑)

 

エンドロール後のカットはエイドリアンのその後のシーン

スタッフロール後のカットは、突如キャプテン・アメリカが現れ「待ちくたびれたろう?」と皮肉なジョーク(笑)

 

そして最後に文字だけで

スパイダーマンは帰ってくる」

 

こんな内容でした!

面白かったー!書くの疲れたー!!

映像で見たい方は是非映画館へ( •̀ᴗ•́ )/

 

DVDを待ちます!って方は、たぶん12月頃ですよ!

 

 

 

 

 

CDレコアプリって何ぞ?

おはこんばんにちわ(^-^)

どうも、裏TSUTAYA店員こと私です。

 

皆さん、音楽を聴く時はいつどこでどうやって聴いてますか?

車で聴いてたり、自室で聴いてたり、出勤中や通学中に電車で聴いていたりしてる方がほとんどだと思います。

そしてその音楽もスマホiPhoneに保存された音楽をイヤホンで聴いてる方が多いと思います。

私もそのひとりです。

 

でもスマホに音楽を取り込むのって面倒じゃないですか?

ましてやiPhoneを使ってる自分としては、いちいちPCに繋いでiTunes開いて~が面倒でした。

 

だがしかし、

TSUTAYAレンタルから画期的な商品が出てきてからそんな面倒くささとは無縁になりました。

 

その商品とはこちら

f:id:TSUTAYA_ura:20170802201606j:image

T Air (ティーエアー)

 

 

f:id:TSUTAYA_ura:20170802201639p:image

CDレコアプリ

 

これ、かなり良いんですよ(笑)

 

簡単に言うと、スマホにインストールされたCDレコアプリという音楽再生アプリにT Airを使ってCDを取り込む事が可能。

 

取り込み方もかなり便利で、なんとWi-Fiを使って無線で音楽の取り込みが出来ます。

Wi-Fi環境がなくても付属のUSBケーブルで取り込めます。

もちろんスマホのネット回線から取り込むCDのアーティストやアルバム情報まで自動で取り込んでくれますので、こっちはディスクをセットして「取り込み開始」を押すだけなのです!

 

便利でしょ?(笑)

 

f:id:TSUTAYA_ura:20170802202539p:image

 

でも今までiTunesWALKMANのアプリに音楽を保存してたから今さら別のアプリに保存し直したり、使い分ける方が面倒だよ!って人

 

安心してください。

 

f:id:TSUTAYA_ura:20170802202736p:image

なんと設定で同期が可能なのです。

なので今までiTunesに保存してたアルバムもON/OFFひとつでCDレコに表示されるのです。

f:id:TSUTAYA_ura:20170802202906p:image

 

しかも便利機能はこれだけじゃありません。

 

お気に入りの曲を自分で組み合わせたプレイリストの作成

アーティスト順、アルバム順などの並び替え

こんなの当たり前の機能じゃないですか(笑)

 

私がこのアプリでかなり評価を上げたのがこの機能

f:id:TSUTAYA_ura:20170802203219p:image

歌詞表示機能です(ºωº)

しかもカラオケのように歌に合わせて色が変わっていきます。

(サーバーのデータベースの影響等で一部表示されない曲もありますが…)

 

もちろんiTunesから同期した曲にも表示されます。

ほぼ全ての曲に対応していてかなり感動した機能ですねこれは(笑)

 

 

さて、まだまだあります便利機能(^p^)

例えば気になるアーティストがいて、とりあえず保存したけど、このアーティストってどんな人なん?とか他にどんな曲出してるん?という素朴な疑問あるじゃないですか。

そんな素朴な疑問さえもCDレコが応えちゃいます。

 

アプリtop画面から「アーティスト」をタップすると保存されたCDがアーティスト別で表示されます。

f:id:TSUTAYA_ura:20170802204200p:image

アーティスト名をタップすると保存されたそのアーティストの曲がアルバム別で表示されます。

このページの上部に「プロフィール」「ニュース」「ディスコグラフィ」とあるのがわかりますか?

 

そうです。

ここをタップすると

f:id:TSUTAYA_ura:20170802204347p:image

↑プロフィール

 

f:id:TSUTAYA_ura:20170802204406p:image

↑ニュース

 

f:id:TSUTAYA_ura:20170802204425p:image

ディスコグラフィ

 

もちろん全て自動で取得された情報です。

 

ん?好きなアーティストの事くらい調べなくてもわかるって?(笑)

 

では次に、紹介する機能

f:id:TSUTAYA_ura:20170802204925p:image

性別、世代、地域別のランキングです!

流石にランキングが表示されるだけで保存されてない曲の再生は出来ませんが、今の流行りを知ることが出来る便利機能です。

次に何を聴こうかなーの参考になるかも知れませんね( ˶ˆ꒳ˆ˵ )

 

さてこのT AirとCDレコアプリ

 

T Airの方は実は購入するとなるとわりと高額商品で2万近くするんです。

でもTSUTAYAに行けばレンタルされてますので、新譜が出て借りたいCDがある時だけっていうのができるんですよ!

もちろんアプリの方は無料です( •̀ᴗ•́ )/

 

気になる方はお近くのTSUTAYAへ⊂('ω'⊂ )))Σ≡GO!!

 

 

 

 

 

 

【嬢メタル】Aldiousとは何ぞ?

おはこんばんにちわ(^-^)/

TSUTAYA店員さんこと、わたしです。

 

先日、Aldious 水戸公演のレポ?的な記事を書かせて頂きましたが、いやいやちょっと待て。Aldiousってなんやねん当たり前のようにレポってんじゃないよ!って方もいらっしゃるかと思われますので、今回はAldious(アルディアス)について熱く長く語らせて頂きます( ˶ˆ꒳ˆ˵ )

 

知らないけど興味があるなーって人

この記事を読んだあとにはすぐに検索していることでしょう(笑)

 

興味ないがな!って人

ガマンして最後まで読んで、ちょっとでも興味が沸いたら聴いてみてください。

それでも興味ねえよって人は仕方ありません。

好みは人それぞれです…。

 

 

さて、

まずはAldious(アルディアス)というバンド

名前の由来は『ultimate melodious』から

アルティメットメロディアス→アルディアス→『Aldious』という感じで造語だそうです。

「ナントカカントカーナントカー」みたいな長い名前より「ナントカ!」みたいな「Aldious!」みたいな、発音する時にお口に優しい名前の方が親しみやすそうですし覚えやすいですよね!笑

語源的には「究極の旋律」といった感じでしょうか?

 

え?バンド名はわかったからどんな人らやねんて?

画像もなしにすみません(;´д`)

はい、こちらがAldiousの皆様です

f:id:TSUTAYA_ura:20170714202207j:image

全く知らない人からしたら、ただのド派手なドレスを着た綺麗なお姉ちゃん達に見えるでしょうが侮るなかれ

この衣装や出で立ちもあるコンセプトを元に生まれたものなのです。

 

ではコンセプトとは何なのか?

 

それは『アゲ嬢×メタル』

 

そうです。

このド派手なお姉さん達、バンドなので当たり前のことなのですがライブ等でもこのような衣装でブインブイン演奏します。

しかもパフォーマンスも派手でガンガン頭を振りまくります(笑)

ライブパフォーマンスについては順を追って書きますので最後までお付き合いくださいね?(長くなるぞこりゃw)

 

メンバー紹介に戻ります( ˶ˆ꒳ˆ˵ )ニマァ

※順不同で紹介します。紹介順に深い意味はありませんので予めご了承ください

 

まずはvocalのRe:No(リノ)さん

f:id:TSUTAYA_ura:20170714203421j:image

バンドの顔と言っても過言ではないvocalはこちらのお姉さん

ロングの金髪が特徴的ですよね!

以前は「推定少女」というアイドルユニットで活動をしていたり、雑誌「KERA」の読者モデルもしていたそうです。(KERAとか懐かしいなー)

実は2代目vocalです。初代vocalの方の紹介は後ほどさせて頂きますね!

歌声はクセが強いわけでもなく、パワフルな一面もあれば可愛らしく歌っている曲もあったりなので作業用BGMとして聞いていても耳に優しく万人受けが良さそうな安定感があります。

 

続いてGUITARのYoshiさん

f:id:TSUTAYA_ura:20170714205000j:image

こちらのお姉さんはAldiousのリーダーであり、バンドの音作りや機材のセッティングなども1人でやってしまうこともあるとかないとか。

とてもメンバー想いというのがファンの間では有名な話。

先日参加させて頂いた水戸ライブでは「去年の水戸ライブではお立ち台が不安定でリノが落ちたから今年は補強した」とのこと(笑)

いや笑っちゃいけないんですけどね、微笑ましいですよね(笑)

そして演奏の方もすごいですよ~?

わたしは深く音楽に精通しているわけではないので専門的なことは言えません

が、しかしこの方のクールに淡々と演奏する姿はとにかくかっこいい!

ギターソロを生で観させて頂いた時なんて、感動で鳥肌でした。しかも感動のあまりちょっと涙目になってしまいました(笑)

 

続いて続いて同じくGUITARのトキさん

f:id:TSUTAYA_ura:20170714210814j:image

ド派手なピンクと盛り盛りヘアーが特徴的なこのお姉さん

人柄も明るい方ですし、機材もほぼ全てピンク!

チュンパVと名付けられた愛用ギターにはLEDが入っていてさらに目立ちます(笑)

そしてこのトキさん、演奏そのものはもちろんですが何よりパフォーマンスが凄いんです。

演奏中にブォンブォン頭は振るわ口から霧吹きするわでどんだけ目立ちたいねん!と(笑)

しかし観させて頂いている側としてはそこが視覚的にも楽しいですし、ライブに来てるんだ!って感じさせてもらえます。

同じくギターのYoshiさんとは一味違ったカッコよさですね!ちゅんぱ!!←

 

そしてBassのサワさん

f:id:TSUTAYA_ura:20170714212633j:image

(もう少し距離の近い写真を使いたかったのですが画質がいい画像が見つからなかった(><))

 

こちらの黒髪ツインテールが特徴のサワさん

小さな体で5弦ベースを担ぎ頭を振る姿をわたしの中では「荒ぶるツインテール」と勝手に呼んでいます(笑)

派手派手なお姉さんに囲まれる中、唯一の黒髪と幼げな風貌

しかしその姿とは裏腹に、体よりも大きいんじゃないかと思わせる5弦ベースで低音を響かせるその姿

初見の方はそのギャップに驚くことでしょう。

水戸ライブでは最後、伸ばしてるわたしの手をペンペンペンペンペンとたくさん叩いてくれました(笑)

 

わーい!

 

( ゚∀゚)o彡゜さわぽ!さわぽ!

 

 

そして最後にDrumsのMarinaさん

f:id:TSUTAYA_ura:20170714215034j:image

綺麗な赤髪が特徴的な美人さん

実はあの人の義娘さんですだなんてこの手の記事ならどこにでも書いてあるのであえてここでは言いません。ご自身で調べてください(笑)

と言うのも誰の義娘だろうが、お義父さんがどれだけ偉大だろうがマリナさんはマリナさんですから(^-^)/

わたしは「Aldiousのマリナさん」の演奏が好きです!

でもいつもありがとうパパ(小声)

さてこのマリナさん、実は加入したのは「Radiant A」という最新アルバムの一つ前のアルバムからで、わりと最近なのです。

(前ドラマーさんについては後程)

マリナさんがサポートで参加していたガールズバンドの期間が終了する頃、出雲大社にて「良いバンドに出会えますように!」

と願い事をしたら、楽器メーカーの紹介でAldiousと出会えたらしいです。

出雲大社と楽器メーカーと契約期間に我々は感謝せねば(笑)

演奏も凄いですよ~!

この細身の体でどうやってんねん!って感じなんですよ!!

というのも、ライブではお腹にめっちゃ響くほど男性顔負けのパワフルさがありますし、こいつを見てください

f:id:TSUTAYA_ura:20170714220913j:image

あっ…(察し)  良い意味で、あっ…(察し)

やばいでしょ?

脚二本しかないのにどうやってペダル踏むんだよーって思われがちですが、一般的には3連打するというわけでなく音色を使い分ける時に用いるそうですよ。

にしても、見た目も豪華で見てる方も叩いてるご本人も気持ちが良いことでしょう(*^^*)

 

はいっというわけでザッとメンバー紹介をさせて頂きましたが、肝心なのは曲ですよね?

きっと気になってる人はそこを知りたいですよね?

長くなっちゃいますが、このまま行きますか?笑

別の記事にしますか?この時点で書き始めて2時間経ってますよ?笑

 

………

 

このままいきますか!!

 

 

とは言っても一曲ずつ紹介するのはわたしの時間と体力が持ちませんので、アルバム毎に紹介させて頂きますね(^-^)/

 

まずは1stアルバム『Deep Exceed』

f:id:TSUTAYA_ura:20170714222044j:image

https://www.amazon.co.jp/Deep-Exceed-CD-DVD-Aldious/dp/B003YUKFQW

記念すべき一作目

こちらから紹介するのは今でも歌い続けている楽曲でAldiousの語源と同じ曲名の

『ultimate melodious』

https://youtu.be/ZQa-nlutMkU

 

お気づきの方もいらっしゃるかと思われますが、この時点ではまだリノさん、マリナさんは加入していません。

当時のvocalとdrumsの方を軽く紹介させて頂きますと、

こちらが当時のvocalのRAMIさん

f:id:TSUTAYA_ura:20170714223050j:image

歌唱力が高く低音から高音まで安定して歌い上げるラミさん

健康上の都合でやむ無く脱退という形になってしまいましたが、今では体調もよくなり音楽活動に復帰しております。

ソロ活動や

https://youtu.be/FRpeeB3A1zU

Raglaiaというバンドで活躍中です。

f:id:TSUTAYA_ura:20170714223433j:image

https://youtu.be/QOHZr_mdpzk

 

そして当時のdrumsのアルトさん

f:id:TSUTAYA_ura:20170714223845j:image

演奏やライブでの煽りがパワフルな方で、現ドラマーのマリナさんとはひと味違う音色でしたね。

現在はご結婚されて育児中だそうです。

いつか音楽活動復帰なんてことはあるんですかね?(お子さんが小さいうちは無理か^^;)

 

ちなみに紹介したultimate melodiousはボーカルが変わった今でも歌われていますよ。

Aldiousにとって特別な曲なのでしょう…。

https://youtu.be/PvzaTNfRYaA

現メンバーVer.で再録されないかなぁ|ω・`)チラッ

 

アルバム紹介に戻りましょう!

2ndアルバム『Determination』

f:id:TSUTAYA_ura:20170714224755j:image

 https://www.amazon.co.jp/Determination-Aldious/dp/B005KBW12E

 

こちらからはわたしの大好きな曲

『Mermaid』をご紹介( •̀ᴗ•́ )/

https://youtu.be/PPu1xprLNxE

綺麗な曲ですよね~!

こちらも再録を熱望しております(笑)

 

続いて3rdアルバム

『District Zero』

 f:id:TSUTAYA_ura:20170714225400j:image

https://www.amazon.co.jp/ディストリクト・ゼロ-CD-DVD【限定盤】-Aldious/dp/B00BUIM450

 

ここからボーカルが代わりリノさん参加作品になります。

Zeroからのスタートってことですかね。

リノさん的にも様々なプレッシャーがあったようです。

ここから紹介するのはこちら

『Scrash』

https://youtu.be/vtWBan30c30

煌びやかなイメージと一風変わって黒ディアスって感じのMVですね。

リノさんの紹介の際に、ボーカル=バンドの顔みたいなことを言いましたが、それが代わるとバンドも変わってしまうんじゃないかと不安に思うことなかれ、きちんとAldiousの音を残して、でもリノさん色にきっちり染まっていて上手く融合できていると思います。

ちなみに!ちーなーみーにー!!

こちら『white Crow』という曲

https://youtu.be/igywXZBbVIw

メンバー間では「ホワイティ」って呼んでるらしいですよ(笑)

 

はい、そしてのそして4thアルバム

『Dazed and Delight』

f:id:TSUTAYA_ura:20170714231134j:image

https://www.amazon.co.jp/Dazed-Delight-Aldious/dp/B00K4V9WHC

 

青が綺麗なこちらの4枚目のアルバム

ここから紹介するのはこちら

『Dominator』

https://youtu.be/K74cqulhsMM

もはや定番中の定番、みんな大好きドミネーター!

超絶的にかっこいいんですよねこれ!

ライブでイントロ流れただけでウォォォォッッ!!ってなります(笑)

この曲からAldiousファンになった方も少なくないはずです。

 

そして5thアルバム

『Radiant A』

f:id:TSUTAYA_ura:20170714231854j:image

 https://www.amazon.co.jp/Radiant-DVD付き-Aldious/dp/B016U2DDRI

 

このアルバムからドラマーとしてマリナさんが参加。

ドラム変わったくらいじゃバンドなんて変わんないっしょ?って思ってるそこのアナタ、それが変わるんですよ( ˶ˆ꒳ˆ˵ )

Aldiousの歴史と共にバンドの音の変化を探すのも楽しみの1つです。

 

こちらからはこの曲

『Re:fire』

https://youtu.be/RJcbEnxqV1k

イントロからこちらのテンションを上げに来てる熱い曲です(ºωº)

先にも話したようにわたしは音楽素人なので専門的な言葉はわかりませんが、このアルバムあたりから音の数が増えたような気がします。

 

同アルバムからもう1曲

『die for you』

https://youtu.be/Gy90PTIG1Xw

これは今までのAldiousと打って変わって、だいぶポップな曲になってます。

あんまりメタルとかロックとか聴かないよー。ましてやバンドとか全然わかんないよーって方にも受けいられ易そうなノリノリの曲です(^-^)/

 

 

最後に今年5月に発売された最新の6th

『Unlimited Diffusion』

f:id:TSUTAYA_ura:20170714233322j:image

https://www.amazon.co.jp/Amazon-co-jp限定】Unlimited-Diffusion-通常盤-Aldious/dp/B06Y2R299C

このアルバムは初めて聴いたとき、衝撃でしたね。

アルバムを出すごとに曲のクオリティが高まってるのはもちろんなのですが、前作から参加したマリナさんのドラムとAldiousが完全に溶け込んで完成系になったなって。

まぁでも彼女達にとって究極の旋律はまだまだこんなものではないと思いますので、 今後も我々の期待のさらに上から来てくれるでしょう(笑)

 

ん?いや〆てないから(笑)

こちらのアルバムからはこれ

『Utopia』

https://youtu.be/Xlwv99WlmrM

theオープニングって曲ですよね。

この曲の前奏は個人的に神がかってると思います。

先日のライブではこのUtopiaで始まりドミネーターで〆るという激アツなセトリでしたよ(笑)

 

続いて同アルバムから

『Go away』

https://youtu.be/Eo89hEJ2rsM

こちらもかっこいい曲です。

そういえばリノさんがAldiousは熱い曲か暗い曲しかないなんて言ってましたね(笑)

 

 

さてさて、ザッとアルバム紹介をしてみましたが皆様どうでしょうか?

ただの布教と言われればそれまでなのですが、少しは『Aldious』に興味を持って頂けたでしょうか?

彼女達はこれからどんどん大きくなっていくと思います。

youは何しに日本へって番組でフランスの方がAldiousに会いたいって言って会いに行くっていう事もありました。

グローバルですよグローバル!

 

バズリズムでは地上波でヘドバンもしてました(笑)

ここや他のサイト等で興味を持って、アルバム聴いて、良かったらライブも行ってみてくださいよほんと。

 

あ!ライブパフォーマンスのことを話しそびれてしまいましたね!(まだ続くか)

 

話したいのもやまやまなのですが、この記事がすごくすご〜く長くなってしまいます。

かれこれ3時間以上この記事書いてます←

 

気になる方はこちらをチェックですよ

f:id:TSUTAYA_ura:20170714235558j:image

https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B01LW6EG89/ref=pd_aw_sim_74_3?ie=UTF8&psc=1&refRID=B3TJEWXS7FMYM5RPCC2K&dpPl=1&dpID=71BKUtUg5SL

チラ見せ

https://youtu.be/IZuJjY3dlxo

レーザー証明MAXで挑んだライブだそうです!

最新のライブDVDですよ( ˶ˆ꒳ˆ˵ )

 

ついでにこちらも!

f:id:TSUTAYA_ura:20170714235812j:image

https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B00H24RHAI/ref=pd_aw_sbs_15_of_15?ie=UTF8&psc=1&refRID=FJM71DFJ6X3S9X3TBGRA

 

チラ見せ

https://youtu.be/xSPVrbVuJx4

 

さて、そろそろ〆るとしますか(笑)

では長々と最後までお付き合いありがとうございました( •̀ᴗ•́ )/